完治する為に | 双極性障害を完治させる方法、診断されたら早めの治療開始が重要
躁から始まるか、鬱から始まるかは 人によって異なる

完治する為に

病院に家族が同行

家族に性格の変化が見られた時に、病気のような疑いがある場合は病院で診断を受ける事を勧めましょう。しかしそうは言っても、うつ病や双極性障害の治療を行なう精神科へ1人で足を運ぶのは気が進まないという人の方が多いでしょう。また、そういった病気を発症させた人のほとんどが、自分が病気だという意識がありません。そのまま気付かないままに放っておくとさらなる病気に発展する事があるので、しっかりと病院にて医者へ相談しましょう。診断を受ける為には症状を細かく伝える必要があります。しかし、第三者と患者本人では感じ方が異なります。正確な診断を受ける為には、多くの情報を医者に伝える必要があるので、家族が病院に同行するという事は大きなメリットにもなります。双極性障害と診断された場合には、家族も一緒に治療法を聞いておきましょう。治療に専念する事が最も重要で、完治に向けての近道になります。

治療を途中で辞めない

双極性障害と診断されて、病院から入院を進められる人も中にはいます。そういった人達は、入院の中で特別な治療を受けると症状が軽快する事があるでしょう。双極性障害の場合は、うつ病と違って治療の効果が早くみられる事があります。その状態を完治したと思い、途中で薬の服用や精神療法を辞める人もいるのですが、自己判断はとても危険です。自己判断によって、良くなっていた症状が一気に悪くなる事があります。病気を繰り返す事で、完治がさらに遠くなるので悪循環でしょう。診断されてから完治するまでは多くの時間を要しますが、双極性障害患者や家族は焦らずに治療を続ける事が完治する為に一番大切な事です。