躁から始まるか、鬱から始まるかは 人によって異なる

さまざまな治療法

双極性障害と診断されたら早めの治療を受ける必要があります。双極性障害は放っておくと症状は悪化して、完治する為の時間がどんどんと長くなっていくでしょう。多くの治療法があるので自分に合ったものを医者に提示してもらいましょう。

» 詳細を確認する

発症する原因

ストレスを溜めて

私達は多くの病気に掛かる可能性を持っています。病気の中には、体を蝕むものや心を蝕むものがあり、それぞれの病気の治療を専門とした病院は全国各地にあります。心の病気の代表的なものの1つにはうつ病があります。うつ病は、身の回りの環境によってストレスが溜まり、その結果発症する病気です。うつ病の治療を専門としている精神科で治療する事が可能です。診断されたら早めの治療を受けるようにしましょう。そのまま放っておくと、うつ病から双極性障害を併発させる可能性があります。

もともと持つ性格

双極性障害と診断される人には、ある特徴があります。発症する原因となるストレスは人によって異なりますが、診断された患者の多くが、病気を発症する前の性格がとても明るく、社交的だと言われています。気配りが非常に上手で、ユーモアセンスもあり、現実的に物事を考える事が出来る人が、双極性障害を発症しやすいのです。必ずしもそういった人が双極性障害を発症させると断定付けられているわけではありません。

遺伝的なもので

双極性障害とは、いくつかの遺伝子が組み合わさって発症する事が考えられると言われています。双極性障害の発症する確率を、一卵性双生児と二卵性双生児で比較した実験がありました。双極性障害の一致率は、一卵性双生児が高いのです。しかしこの結果は100%ではないので、一卵性双生児である1人が双極性障害と診断されたからと言って、もう1人も必ず発症するとは限りません。この結果によって遺伝的要素も原因に含まれるという事が分かりますが、ストレスなどで発症する原因よりも可能性は低いものです。

具体的な診断方法や治療方法等について

 双極性障害とは精神的な疾患の一種で、従来の躁うつ病に相当します。この疾患の一番の特徴は、躁病とうつ病の両方の症状が現われる事にあります。重症になると日常生活にも支障をきたすので、早めに病院を受診する事が大切です。  双極性障害の診断方法としては、面接を行なって診断する場合が多いです。患者本人にストレスの有無や、自分の性格等について話を聞くのです。また、患者本人以外にも、患者の家族に話を聞く事もあります。  双極性障害は、何種類かの症状の確認が出来れば診断は難しくないです。患者やその家族の話を総合して、医師が診断を下すようになります。  双極性障害の治療方法としては、うつ病と同じように薬物療法や心理療法等が行なわれます。ちなみに治療費は、治療期間や薬の違い等によって異なるので、一概に言うのは難しいものがあります。

双極性障害の症状等について

 前述したように双極性障害は、躁病とうつ病の症状が現われるという特徴があります。  躁病とは、気分が異常に高揚してしまうという病気です。具体的な症状としては、気分が高揚する、社交性が高くなる、幻想や幻覚を見る等があります。  対してうつ病とは、気分が落ち込んだ状態が長く続く病気です。具体的な症状としては、憂うつ感や集中力等の低下、睡眠や食欲の異常、疲れやすい等があります。  双極性障害では上記したような症状が、入れ替わりで起こります。人や場合によっては、躁病とうつ病の症状が混ざり合って、同じ時に一緒に現われる事もあります。  双極性障害は20代に多いとされている病気です。しかも、うつ病から発展して発症するケースもあります。そのため、20代のうつ病患者の診断は慎重に行う必要があります。

ピックアップ

周りの協力

素人の目では双極性障害とは気付かないものです。病気を発症する事で周りの人に迷惑を掛ける事も出てくるでしょう。診断を受け、治療をしていく中では周りの人の理解と協力が必要になります。

» 詳細を確認する

完治する為に

双極性障害は治療を適切に受ける事で完治する事は可能です。完治させる為には、自分自身の根気強い意思も必要です。再発する可能性も高い病気の1つなので、診断された場合には、一生涯に渡って自分をコントロールする事が大事です。

» 詳細を確認する