躁から始まるか、鬱から始まるかは 人によって異なる

さまざまな治療法

双極性障害と診断されたら早めの治療を受ける必要があります。双極性障害は放っておくと症状は悪化して、完治する為の時間がどんどんと長くなっていくでしょう。多くの治療法があるので自分に合ったものを医者に提示してもらいましょう。

» 詳細を確認する

発症する原因

ストレスを溜めて

私達は多くの病気に掛かる可能性を持っています。
病気の中には、体を蝕むものや心を蝕むものがあり、それぞれの病気の治療を専門とした病院は全国各地にあります。
心の病気の代表的なものの1つにはうつ病があります。
うつ病は、身の回りの環境によってストレスが溜まり、その結果発症する病気です。
うつ病の治療を専門としている精神科で治療する事が可能です。
診断されたら早めの治療を受けるようにしましょう。
そのまま放っておくと、うつ病から双極性障害を併発させる可能性があります。

もともと持つ性格

双極性障害と診断される人には、ある特徴があります。
発症する原因となるストレスは人によって異なりますが、診断された患者の多くが、病気を発症する前の性格がとても明るく、社交的だと言われています。
気配りが非常に上手で、ユーモアセンスもあり、現実的に物事を考える事が出来る人が、双極性障害を発症しやすいのです。
必ずしもそういった人が双極性障害を発症させると断定付けられているわけではありません。

遺伝的なもので

双極性障害とは、いくつかの遺伝子が組み合わさって発症する事が考えられると言われています。
双極性障害の発症する確率を、一卵性双生児と二卵性双生児で比較した実験がありました。双極性障害の一致率は、一卵性双生児が高いのです。
しかしこの結果は100%ではないので、一卵性双生児である1人が双極性障害と診断されたからと言って、もう1人も必ず発症するとは限りません。
この結果によって遺伝的要素も原因に含まれるという事が分かりますが、ストレスなどで発症する原因よりも可能性は低いものです。

ピックアップ

周りの協力

素人の目では双極性障害とは気付かないものです。病気を発症する事で周りの人に迷惑を掛ける事も出てくるでしょう。診断を受け、治療をしていく中では周りの人の理解と協力が必要になります。

» 詳細を確認する

完治する為に

双極性障害は治療を適切に受ける事で完治する事は可能です。完治させる為には、自分自身の根気強い意思も必要です。再発する可能性も高い病気の1つなので、診断された場合には、一生涯に渡って自分をコントロールする事が大事です。

» 詳細を確認する